I・T・O株式会社
製品カタログ一覧
ログイン・会員登録 マイ・アカウント my account
HOME > 企業情報 - 中期5カ年経営計画/事業方針/品質環境方針/調達方針
企業情報 エネルギーの明日を、流れを科学するI・T・O 「品質至上」の心で、エネルギーの明日を担いたい---
中期3ヶ年経営計画
ITOグループは、2021年度を初年度とした中期3ヶ年経営計画を定めました。
中期5か年経営計画(2020+2チャレンジ) (以下、現行中計)の前半3か年の総括・現行中計で掲げた政策の見直しを図り、具体的なアクションプログラムを打ち立て、確実に目標具現化を目指します。
2024年以降の上昇安定期に向け、経営基盤を固めるべく、売上成長戦略を含む4つの重点政策に加え、構造改革を中心とした中期経営計画として策定しました。
不確実性の多い世の中であっても着実に成果を出し、将来に向かって成長・拡大を目指してまいります。

詳細につきましては、「2021〜2023年 中期経営計画」(PDF9.95MB)資料をご覧ください。

ダウンロード(PDF 9.95MB)
事業方針
提案と開発のための委員会
「全員経営参加」の企業姿勢が生む、自主性と民主制。
地球環境問題、ますます重要性を帯びてくるエネルギーの未来を、私たちはより強固な力で担い続けていきます。
激動の2000年代─本当に内容の優れたものだけが生き残れる、そんな厳しい時代の真っただ中に私たちは生きています。  当社では、社員ひとりひとりが企業を取り巻く環境や時代の流れを正確に把握し、プラスワン活動としてどう対処し行動していくべきかを真剣に考える機会が必要だと考えてきました。 会社の運営に当たっては、各職場の代表として選ばれた社員たちで構成される、目的別の各種委員会において多くの意見が活発に交換され、 そこから生まれた結果が積極的に経営に反映されるよう経営会議に諮られるシステムがあり、社員全員が常に前向きに努力を重ねております。

『提案と開発のための委員会』
厳しい時代だからこそ必要な、確固たる企業文化の構築のために─
R-ITO
R・ITO運動
“さらなる飛躍・生きがい・働きがいのある良い会社”を目標にした全社共通 の標語-それがリファイン・イトー(Refine ITO) です。
「決めたこと、決められたこと」は必ず実行する─  これを基本精神として、社員ひとりひとりが、 Innovation ・Technology ・Originationを心がけ、日常の業務の中で社内の活性化を目指して運動に取り組んでいます。
品質環境方針
経営理念
品質至上主義に徹し、如何なる経営環境の変化にも対応し得る強固な企業文化を確立し、社会に貢献する。
また、私たちは、地球環境の保全が人類共通の重要課題と認識し、人に地球にやさしい事業活動で「企業の発展と環境負荷の低減を持続的に共生させる」ことを実現します。
方針
私たちは、製品のライフサイクルを通じて、環境負荷の少ない製品の開発・設計及び生産活動を継続的に推進します。
品質至上に徹し、「顧客の信頼と満足を得る品質」の実現と、「サービスの質的向上」を図り、製品のライフサイクルを通じて、環境負荷の少ない製品の開発・設計及び生産活動を行うため、品質環境マネジメントシステムを運用し、継続的な改善活動を行う。
2016年10月21日
代表取締役 内海 二郎
調達方針
弊社は、品質至上に徹し、「良い品質」であると共に、「安全で経済的で使いやすい品質」の実現と「サービスの質的向上」を図り、
お客さまが満足できる商品を提供しています。
そのために、品質、コスト,納期の優れているサプライヤーから、安定的に資材を調達するよう心掛けています。
調達方針