I・T・O株式会社
製品カタログ一覧
ログイン・会員登録 マイ・アカウント my account
HOME > 製品情報 > 新製品 「ハジェネライト用プロパン・エアー発生装置 PAジェネレーター」
■ プロパン・エアー対応ジェネライトシステム

 想定以上の大災害が発生した場合、都市ガスのパイプラインでも一部機能が停止してしまう可能性があります。
 プロパン・エアー対応ジェネライトシステムとは、『ジェネライト』にハンドリングや備蓄が比較的容易なプロパンガス(LPG)を原料とした
『プロパン・エアー発生装置(PAジェネレーター)』を組合せ、有事の場合でも、電源供給が可能なバックアップシステムです。

プロパン・エアー対応ジェネライトシステム
必要となるボンベ本数について
大阪ガス蒲l 彦根ガスビルでの実施例


ジェネライト運転区分

 停電及び都市ガス供給が停止した場合にPAジェネレーターを使用します。
ジェネライト運転区分


プロパン・エアー対応ジェネライトシステム複数台設置について

プロパン・エアー対応ジェネライトシステム複数台設置について


適用法令(原料ガス及びPAジェネレーターについて)

適用法令は高圧ガス保安法となります
・本システムは、区分バルブ以降に13Aとプロパン・エアーの接続部を設置するため、ガス事業法に該当しません。
 よって、移動式ガス発生設備には該当しません。
・ジェネライト以外のガス機器への接続は不可です。
適用法令


設計・施工上の注意点
・定期点検を考慮し、接続系統・接続負荷が停電操作できるように設計してください。
・プロパン・エアー経路下流側にパージ用バルブを設置してください。
・原料ガス(LPG)及びPAジェネレーターは屋外に設置してください。
・PAジェネレーター及び原料ガス量は、有事の際の必要負荷から時間当たりのガス量を算出し、選定してください。
・定期点検用の容器1本を予め設置しておいて下さい。
・LPG容器の保有量によって所轄官庁への届出が必要となります。
(同一敷地内に他の高圧ガスがある場合は合算されるので注意してください。)
・プロパン・エアーが13Aガス配管内に混入しないように切替バルブを設置してください。


製品仕様
  PAジェネレーター8 PAジェネレーター30
型式 PA-13A8-HH PA-13A30N-H
概観 PA-13A8-HH PA-13A30N-H
形状寸法(mm) W780×H884×D390 W1100×H1780×D596
製品質量 約50kg 約300kg
原料ガス仕様 ・ガス組成:プロパン95%以上のLPG(20%残液管理が必要) ・圧力0.15〜1.56MPa
発生ガス最大能力 8N㎥ /h 30N㎥ /h
定価 1,140,000 2,740,000
推奨品 検知器  
検知器
用途:運転開始時のリーク
テストに使用。
濃度計  
濃度計
用途:運転開始時の
パージ確認に使用。
< BACK