I・T・O株式会社
製品カタログ一覧
ログイン・会員登録 マイ・アカウント my account
HOME > 企業情報 - 会社概要
SDGsへの取り組み ACTION FOR SDGs 地球環境問題、ますます重要性を帯びてくるエネルギーの未来を、私たちはより強固な力で担い続けていきます。


持続可能な開発目標(SDGs)
持続可能な開発目標(SDGs)
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

ITOグループが取り組んでいるSDGsの目標(I・T・O action for SDGs)
ITOグループはSDGsの趣旨に賛同しています。
私たちが今できることをここに宣言し、具体的行動に移し、SDGsが掲げるゴールを目指します。
action1 エネルギーを通じて美しく住みよい地球を築く─。
action2 防災・減災事業を通じて社会に貢献する─。
action3 すべてのグループ社員が働きやすい環境づくりを目指す─。

SDGsの目標(action1 エネルギーを通じて美しく住みよい地球を築く─。)
すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
持続可能な生産消費形態を確保する
地球環境問題、ますます重要性を帯びてくるエネルギーの未来を、私たちはより強固な力で担い続けていきます。
エネルギーを通じて美しく住みよい地球を築く───。
私たちは、この人類共通の重要課題の実現に向け、数々の技術賞受賞に輝く優れた研究・開発力と「経済産業大臣認定事業所」、「ISO9001認証」・「ISO14001認証」などの資格が示す高い生産技術力と地球環境を考えた「高品質で低価格な製品づくり」に努めております。調整弁を中心に数多くのガス供給関連機器を生み出して安全、安心な製品を提供し、国内だけでなく海外のインフラ普及にも貢献してまいります。
Action 1 に関連する独自技術製品

環境にやさしい製品

空温式べーパーライザー「SR」

ベーパーライザーとは、LPガスを液体で取り出し、気化するのに必要な熱を強制的に加えてガスを安定供給させる為の装置です。通常その熱源として多くの電気を使用しますが、当社の空温式べーパーライザー「SR」は、大気熱のみでLPガスを気化させるため、電気等の余分なエネルギーを一切使用せず、CO2の排出はゼロです。アルミ素材で作られているため半永久的な使用が可能であり、リサイクルも可能です。停電時にも供給可能であり、ランニングコストも大幅に削減できます。
地球にやさしく、災害に強く、経済的な本製品を全世界に広めることで「エネルギーを通じて美しくて住みよい地球を築く」という当社目標を推進します。
空温式べーパーライザー「SR」
動画はこちら
Action 1 に関連する取り組み

インフラ技術の普及

脱炭素技術等の国際協力

当社はグローバル時代の到来を見据え、早くから海外進出を果たしています。当社は多くの海外関連法人を持ち、国内で培ったガスインフラ技術を海外にも展開しています。欧米やアジア諸国で開催される展示会にも積極的に出展・参加し、世界のガス事情や技術状況の把握に努め正確な情報をもとに世界各地に当社製品の浸透を図っています。また、海外進出するパートナー企業とも連携し、インフラ整備における途上国への支援を行います。日本の持つ優れた低炭素・脱炭素技術を提案し,世界のエネルギー転換・脱炭素化と気候変動対策を支援します。
ITO Group World Wide Opalation


SDGsの目標(action2 防災・減災事業を通じて社会に貢献する─。)
包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
LPガスを活用して都市ガスと同じ燃焼特性を持ったプロパンエアーガスを発生させる装置「PA-13A」は阪神淡路、中越、中越沖、東日本、熊本などの大震災発生時のガスの臨時供給に使用されました。
これらの経験をもとに、防災減災対応システム「BOGETS」(ボーゲッツ)は一般消費者でも『ボタンを押せば自動運転』できるシステムに改良しました。災害により都市ガスの供給停止や停電などが起きても一定期間ガスと電気を供給することができます。
LPガスの分野では「災害時対応バルク」の機器類の製造・販売・設置工事を通じ安心して住み続けられるまちづくりに貢献しています。全国に約7,500地点あるコミュニティガス事業の製造所の90%超に弊社製の供給機器及び感震遮断装置が設置され、万が一の大震災発生時の減災にも貢献しております。
Action 2 に関連する独自技術製品

防災・減災関連製品

プロパンエアー発生装置「PA-13A」及び「New PA」

PA-13Aは、従来、都市ガス事業者様のみ操作できる製品でしたが、近年の災害多発による一般消費者様からの切実なご要望もあり、LPガス発電機による電力で稼働し、 タッチパネルの音声により、誰でも安心して簡単に操作ができる『New PA』 を開発いたしました。
当社はこれを「防災・減災対応システム『BOGETS』」としてその他関連機器とともにパッケージ化して、もしもの時のもしものための備えとして自治体・医療施設・福祉施設等に提案をしております。政府の防災・減災、国土強靭化計画のもとで、当社は、防災・減災事業を通じて社会に貢献します。
世界LPガスフォーラム2012
コージェネ大賞2019
防災減災対応システム「BOGETS」
動画はこちら

防災・減災関連製品

災害時対応バルク「EBS」

災害時対応バルクはLPガスを備蓄するバルク貯槽と供給設備(ガスメーター、調整器、ガス栓 等)が一体となったシステムであり、災害時に電気や都市ガスの供給が停止した場合にも、LPガスのシステムによってライフラインを維持することができます。
災害時対応バルクには常用機器のラインとは別ラインでガス栓ユニットが標準装備されており、ワンタッチでガスコンロや暖房機を簡単に接続することができます。また非常用LPガス発電機と組合せると、電気設備の稼働、照明、スマートフォンの充電に必要な電気を作ることができます。また、ガス空調を組み合わせる等、防災対策、BCP対策に有効な設備として注目されています。本製品は国が進める国土強靭化計画に基づく避難所・医療・福祉施設等の社会的重要インフラへの燃料タンクや自家発電設備等の導入の加速に必要不可欠なものです。
災害時対応バルク「EBS」

防災・減災関連製品

感震ガス自動遮断装置及び張力式ガス放出防止型高圧ホース

大地震が発生した場合、ガスの配管が折損し、ガスが漏れ出す危険があります。感震ガス自動遮断装置は、LPガスの供給を根元でストップさせ、配管からガスが漏れだすことはありません。本装置は日本における70戸以上のLPガス集団供給設備に設置義務があり、90%を超える割合で当社製品が設置されています。
また、張力式ガス放出型高圧ホースは、地震や水害等によるLPガス容器の転倒により容器内のLPガスが外部に放出しないよう、異常な張力が高圧ホースに加わると高圧ホースの根元でガス遮断します。経済産業省が定める「液化石油ガス販売事業者等保安対策指針」により普及が促進されております。
当社はこれら災害時の被害の拡大を防ぐ装置、機器の更なる普及を通じて、減災に貢献します。
感震ガス自動遮断装置及び張力式ガス放出防止型高圧ホース
ガス放出防止型高圧ホースの仕組み
災害イメージ
イラスト提供:JLIA(一般社団法人 日本エルピーガス供給機器工業会)


SDGsの目標(action3 すべてのグループ社員が働きやすい環境づくりを目指す─。)
ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
ITOグループは「企業は人なり」を基とし、全ての企業活動において公平・公正を守ります。
性別・国籍・障がいの有無によらない合理的な基準による採用選考を実施しています。またジェンダー平等を実現し、活躍の場の拡大と出産・育児への支援を行っています。加えて、あらゆるハラスメントを防止・解決するための「目安箱」の設置や福利厚生および安全衛生委員会・新しい働き方を推進し、全ての社員が働きやすい環境づくりにも取り組んでいます。
更に国内外企業を問わず、公正かつ平等な取引のために、談合・ダンピング等公正な競争を妨げる行為を排除し、贈収賄・利益相反取引等の不正な商取引を行わないように定期的なコンプライアンスチェックを実施しています。
Action 3 に関連する取り組み

外国人技能実習生の受け入れ

当社では国際交流、国際貢献の一環として外国人技能実習生の受け入れを行っております。当社の技能・技術・知識を開発途上国の実習生に伝承し、その国の経済発展を担う人材育成に寄与すると共に、両国間の信頼と友好を築くことを目的としております。また、技能実習生の意欲的な修学姿勢は従業員にも良い刺激となり、これらの影響力が社内の活性化にも繋がっております。
ITO外国人技能実習生

工場全体での取り組み「WEEKLY改善」

当社では安全第一を共通認識としており、「働きやすさ」とコストダウンを追求し、工場全体で考えるWEEKLY改善活動に取り組んでおります。
改善活動を通じて生産機械への安全装置の導入や、IoTを活用し、生産ラインの「見える化」や基幹システムとの連携による事務処理の合理化などを図り、労働環境の改善を推進しております。
その結果も実り、2020年9月1日に中央労働災害防止協会様より無災害記録証銅賞(第三種)無災害記録日数1200日を受賞致しました。
無災害記録証銅賞(第三種)無災害記録日数1200日

「SDGs推進委員会」の設置

I・T・O SDGs推進委員会
目標

既存事業の強化と新規事業の創出により企業価値を高め、永続的な発展を目指す
当社グループにおけるSDGs推進を活性化させるべく、2020年11月に「SDGs推進委員会」を発足いたしました。 ITOグループのSDGsへの取り組みとして『既存事業の強化と新規事業の創出により企業価値を高め、永続的な発展を目指す』ことを目標としております。「SDGs推進委員会」が主体となりSDGsへの貢献に向け社員教育を実施し、社内への浸透を図ります。また、全従業員の参画意識を高めるため、SDGsに関する個人目標を策定しております。加えて当委員会では従業員の目標に対するモチベーションアップを図るためにも成果の見える化やSDGs表彰制度の制定などを計画しております。